[最先端] スキー・スノーボードチューンナップ、修理は「スノーカーブ」です![チューンナップ][修理]

  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー

スノーカーブ Snow Carve

  • スノーカーブ:チューンナップ屋日誌
  • phone: 0242-85-6111 営業時間10:00〜19:00 水曜定休
  • e-mail

スノーカーブTOP>プロセス

はじめにお読みください
プロフィール
ご注文の流れ
VIP会員入会申し込みについて
修理をご検討のお客様へ
本日お預かり分の仕上がり日
アクセス
〒965-0001 [地図を見る]
福島県会津若松市一箕町松長2-2-6
営業時間: 10:00〜19:00(水曜定休)
TEL/FAX: 0242-77-0013
E-mail: info@snowcarve.com
携帯用サイト
携帯サイトはこちらのQRコードよりどうぞ

プロセス

スノーカーブのチューンナップは次の作業工程で行います。一台一台ていねいに仕上げる、お客様のあらゆるご要望にお応えできる手仕上げのチューンナップをお確かめ下さい。

01.検品

スキー、スノーボードの曲がり、ねじれ、エッジ、ソールのはがれがないか検品する。

トップ曲がり  エッジ剥離

02.修理 (詳細はブログ「スキー、スノーボード修理」カテゴリで)

曲がり、ねじれ、はがれ、切貼りがある場合、まずは修理をする。

[POINT] 修理は日本でも数少ないチューンナップショップにしかできない、高度で特別な技術です。

トップ曲がり修理  エッジ剥離修理

03.サンディング

酸化した古いソールをサンディングで削り、新しいソールを出す。

サンディング  サンディング

04.ソールリペア

ソールの傷をホットジェット方式で、リペア材とソールを過熱し溶着する。

[POINT] 熟練を要するホットジェット方式は、高密度高分子量のリペア材でリペアできる為、リペアした部分が収縮せずはがれることは絶対ありません。

[POINT] さらにワックス吸収率が大変良い為、抜群の滑走性を維持できます。

ソールリペア  ソールリペア

05.サンディング(仕上げ)

リペアした部分とソール全体を、サンディングで仕上げる。

サンディング(仕上げ)  サンディング(仕上げ)

06.ストーン ストラクチャー

ストラクチャーパターンを設定し、ソール全体にストラクチャーを入れる。

ストーン ストラクチャー  ストーン ストラクチャー

07.ベースエッジの手仕上げ

ベースエッジを細目ファイルにより熟練を要する手仕上げで、ビベル角を0.5〜1度に調整し仕上げる。

[POINT] ベースエッジのビベル角でおもに、回転性、滑走性を調整できます。

ベースエッジの手仕上げ  ベースエッジの手仕上げ

08.サイドエッジの手仕上げ

サイドエッジを細目ファイルで特殊なファイルガイドを使い、熟練を要する手仕上げでサイド角を87°〜89°に調整し仕上げる。

[POINT] エッジ角を87〜89度に調整する事により、それぞれのレベルに合った切れ味に調整します。

[POINT] エッジの角度を付けて角を出すだけでなく、エッジの面を平らに鏡面仕上げする事により、カチンカチンのアイスバーンでも、シャープに確実に切れる様に仕上げます。

サイドエッジの手仕上げ  サイドエッジの手仕上げ

09.ストーン ストラクチャー仕上げ (ストラクチャーの詳細を見る)

雪質、滑走速度に合わせたストラクチャ−を設定し、最適なストラクチャーに仕上げる。

[POINT] ストラクチャーは「ダブルクロス、ツリー、ウェーブ、スモールツリー、ツリー、3ウェーブ、ストレート、クロス」になります。

ストラクチャー仕上げ  ストラクチャー仕上げ

10.ベースワックス (サーモワクシングの詳細を見る)

浸透性の高いパラフィンワックスで、ホットワクシングする。

[POINT] オプションで世界最速のサーモワクシング。

ベースワックス  ベースワックス

11.スクレーピング、ブラッシング

ソールが冷えてワックスが良く浸透したら、スクレーパーでワックスをはがしブラッシングする。

スクレーピング  スクレーピング

ブラッシング  ブラッシング

12.パッキング

専用の梱包材できれいにパッキングする。

パッキング  パッキング